ごあいさつ

 

創業元禄十三年(西暦1700年)。

当時、京都の二条城周辺には、多くの刀鍛冶が軒を並べていたようです。

安重はその中の一軒で、後年、花鋏や包丁なども作るようになりました。

 

安重では、今も刀を打つ方法で職人たちが精魂込めて丹念に作り続けております。

長年に渡り多くの方に愛用していただける理由は、ここにあると思います。

 

真の刃物は切れるだけでなく、切れ味をも要求されます。

使ってみて、初めてわかっていただけるのではないでしょうか。